これであなたも億万長者?信用取引の仕組みと利用法

大きな利益を生み出すことも可能


信用取引というのは、文字通り信用でもって行っていく取引のことを言います。信用とは、証券会社に対するものであり、つまり資金や株式を担保にして、証券会社からお金を借り、借りたお金で取引をしていくというやり方なのです。信用取引を利用すれば、最大でおよそ3倍もの資金を動かすことができるようになり、少ない資金であっても大きな利益を上げることができるようになる取引方法なのです。 たとえば、現物株の取引では、100万円持っていたとしたら文字通り100万円分の取引しかできませんが、信用取引を利用することで、300万円の取引ができるようになるのです。使える資金が増えることによって、より大きな利益を見込める取引にも手を出せるようになり、信用取引をうまく活用すれば億万長者になることも夢ではないのです。



信用取引は短期決戦が鍵


証券会社からお金や株式を借りて取引を行うという性質上、信用取引をしてお金を借りると、当然のごとく金利が生じることになります。長い間お金を借りていれば、たくさんの金利を失ってしまうことになります。したがって、信用取引ではより短期的なやり方で利益を上げていく必要があるのです。 そもそも、信用取引には借りたものの返却期限が設けられていることがほとんどです。一般的な信用取引では、6か月を期限として借りたものを返さなければいけないことになっています。このことから言っても、信用取引では短期決戦が鍵になるということがわかるでしょう。 信用取引をするときは、より短いスパンで考えて利益の出そうな銘柄を狙っていくということが、大きな利益を上げるためのコツということになるわけです。