信用取引ってなんだろう?仕組みについて調べてみた。

取引により幅を持たせるもの


一般的な現物株の取引というのは、とにかく資金をたくさん持っているということが重要になります。資金を多く抱えていることで、よりたくさんの取引ができるようになるわけです。ところが、資金の少ない投資家も多くいるものですよね。そういう人は取引の幅がかなり狭まってしまうことになります。欲しいと思っている銘柄にも手が出せず、なかなか利益を出していくことが難しいということも良くあります。 そんな時、信用取引を利用することで、利益の幅を大きく広げることができるのです。信用取引というのは、少ない資金で大きな金額の取引ができるようになる取引方法なのです。自分の資金や株式を担保にかけることによって、証券会社からお金や株式を借りることができるようになるため、大きな金額を要する取引にも参入することができるようになるのです。



リスクも大きい取引方法


信用取引では、その名の通り自分を信用してもらってお金や株式を借り、それを元手に取引を広げていくという取引方法です。つまり、信用取引では一種の負債を抱えながら株式取引をしていくことになります。これはそのまま、信用取引がリスクの高い取引であるということを示唆しているのです。 信用取引で特に知っておくべきなのは、追証という制度です。株価というのは常に下落する危険性と隣り合わせのものです。たとえば証券会社に担保として預けていた株式の価格が急激に下落したとします。するとその株式は担保としての資格を一部失うことになりますよね。その結果、新たに担保を納める必要が出てくるわけです。これが追証です。追証というのは、追加で保証金つまり担保が必要になるということです。信用取引をするときは、この追証に気を付けながら取引をしていく必要があるのです。