信用取引を有効活用して資産を増やす方法

信用取引でレバレッジを掛けて効率的に利益を得よう


信用取引においては、口座に入金している額の約3倍までの金額で株式の売買が可能です。100万円を入金しているケースでは、およそ300万円分の売買が可能になりますので、少ない元手でもより大きな利益が狙えるというメリットがあります。自分が入金している金額以上の売買ができることをレバレッジをかけるという表現をしますが、信用取引ではこのレバレッジがあるからこそ、現物取引よりも有利な投資戦略を取れるというメリットがあるのです。 ただし、レバレッジをかけ過ぎて3倍の上限額ギリギリで売買をする場合は、口座に入金している金額とは別の余裕資金を準備しておかないと、想定外の損失が発生した場合に対応できませんので十分に注意しておきましょう。



決算前や決算後の値動きを利用しよう


信用取引ではレバレッジを掛けて、現物取引よりも効率的に利益を狙えることができます。 このレバレッジ効果を十分に発揮させるには、企業の決算前や決算後の値動きを捉えるという一つの手法が挙げられます。上場している会社にはそれぞれ決められた時期に決算発表があり、事前に発表されている決算予想を上回ることが期待できる場合は、株価は上昇するのがセオリーですので、決算発表前に信用買いでエントリーするのも一つの手法です。また、決算が良くないことが予想される場合は、株価が値下がりすることが多いので、決算発表前に信用売りでエントリーするのも有効です。業績予測が良好なのに、決算発表前に値崩れを起こしている銘柄は探せば見つかりますので、そのような値動きをしている銘柄を見つけ、信用取引を有効活用して利益を得られるように努力してみましょう。